研究実績

受賞 Award

  1. (公益社団法人)日本地理学会
     「日本地理学会賞2016年度」(論文発信部門)[2017年3月28日受賞]

研究業績 Research Output

  1. Soma, Takuya. 2007. Kyrgyz Falconry & Falconers and its Transition. In Proceedings of Great Silk Road Conference, Culture and Traditions, Then and Now 2006. pp. 130-139. Tashkent: Academy of Uzbekistan/ UNESCO.
  2. 相馬拓也 2008 「形象なき文化遺産としての狩猟技術: キルギス共和国イシク・クル湖岸における鷹狩猟のエスノグラフィ」, 『国士舘大学地理学報告2007(第16号)』: pp. 99-106. [リンク]
  3. Soma, Takuya. 2012. Contemporary Falconry in Altai-Kazakh in Western Mongolia. In The International Journal of Intangible Heritage vol.7, edited by Alissandra Cummins, pp. 103-111. Seoul: The National Folk Museum of Korea. [リンク]
  4. 소마 타쿠야 (Takuya Soma). 2012. ‘서몽고 알타이-카자흐족 현대 매사냥’ In국제저널 무형유산 제 7권, edited by Alissandra Cummins, 96-102. Seoul: The National Folk Museum of Korea.
  5. Soma, Takuya. 2012. Ethnoarhchaeology of Horse-Riding Falconry, In The Asian Conference on the Social Sciences 2012: Official Conference Proceedings, pp. 167-182. Nagoya (Japan): The International Academic Forum (IAFOR). [リンク]
  6. Soma, Takuya. 2012. The Art of Horse-Riding Falconry by Altai-Kazakh Falconers. In HERITAGE 2012 (vol.2) - Proceedings of the 3rd International Conference on Heritage and Sustainable Development, edited by Rogério Amoêda, Sérgio Lira, & Cristina Pinheiro, pp. 1499-1506. Porto (Portugal): Green Line Institute for Sustainable Development, 2012. [E-Book ISBN: 978-989-95671-8-4]
  7. Soma, Takuya. 2012. Intangible Cultural Heritage of Arts and Knowledge for Coexisting with Golden Eagles: Ethnographic Studies in “Horseback Eagle-Hunting” of Altai-Kazakh Falconers, In Proceedings of the International Congress of Humanities and Social Sciences Research, edited by Guy Tchibozo, 307-316. Strasbourg (France): Analytrics. [リンク]
  8. 相馬拓也 2012. アルタイ=カザフ鷹匠による騎馬鷹狩猟: イヌワシと鷹匠の夏季生活誌についての基礎調査, ヒトと動物の関係学会誌(vol. 32): pp. 38-47.
  9. 相馬拓也 2012 「アルタイ・カザフにおける鷹狩猟の民族考古学: 無形文化遺産としての狩猟方法と技術継承の基礎研究」, 『髙梨学術奨励基金年報 平成23年度研究成果概要報告』, pp. 364-371, 東京: 財団法人 髙梨学術奨励基金.
  10. Soma, Takuya. 2013a. Ethnographic Study of Altaic Kazakh Falconers, Falco: The Newsletter of the Middle East Falcon Research Group 41: pp. 10-14. [リンク]
  11. Soma, Takuya. 2013b. Ethnoarchaeology of Ancient Falconry in East Asia, In The Asian Conference on Cultural Studies 2013: Official Conference Proceedings, pp. 81-95. Osaka (Japan): The International Academic Forum (IAFOR). [リンク]
  12. 相馬拓也 2013a. アルタイ=カザフ鷹匠たちの狩猟誌: モンゴル西部サグサイ村における騎馬鷹狩猟の実践と技法の現在, ヒトと動物の関係学会誌(vol.35): pp. 58-66. 
  13. 相馬拓也 2013b. アルタイ=カザフ牧畜社会における騎馬鷹狩猟の民族考古学: 無形文化遺産としての持続性に向けた複合研究, 髙梨学術奨励基金年報 平成24年度研究成果概要報告: pp. 327-334, 東京: 財団法人 髙梨学術奨励基金.
  14. 相馬拓也 2014a. モンゴルを旅した2人の考古学者: 鳥居龍蔵と野村栄三郎のフィールドワーク再考, ユーラシアの考古学(髙濱秀先生退職記念論文集), 六一書房: pp. 33-47.
  15. Soma, Takuya & Sukhee, Battulga. 2014. Altai Kazakh Falconry as Heritage Tourism: “The Golden Eagle Festival” of Western Mongolia, In The International Journal of Intangible Heritage vol. 9, edited by Alissandra Cummins, pp. 135-148. Seoul: The National Folk Museum of Korea.
  16. 소마 타쿠야 (Takuya Soma) & 바트툴가 수키 (Battulga Sukhee). 2014. “문화유산관광”의 일환으로서 알타이-카자흐족의 매사냥: 서몽골 검독수리 축제, In The International Journal of Intangible Heritage vol. 9, edited by 알리산드라 커밍스 (Alissandra Cummins), pp. 135-148. Seoul: The National Folk Museum of Korea.
  17. 相馬拓也 2014b. モンゴル西部バヤン・ウルギー県サグサイ村における移動牧畜の現状と課題, E-Journal GEO vol. 9 (no. 1): pp. 102-119.
  18. Soma, Takuya. 2014. Eagle Hunters in Action: Hunting Practice of Altaic Kazakh Falconers in Western Mongolia, Falco: The Newsletter of the Middle East Falcon Research Group 44: pp. 16-20.
  19. Soma, Takuya. 2014. Ph.D. Thesis “Human and Raptor Interactions in the Context of a Nomadic Society: Anthropological and Ethno-Ornithological Studies of Altaic Kazakh Falconry and its Cultural Sustainability in Western Mongolia” (submitted to University of Kassel on 20th August 2014).
  20. Soma, Takuya. 2015. Human and Raptor Interactions in the Context of a Nomadic Society: Anthropological and Ethno-Ornithological Studies of Altaic Kazakh Falconry and its Cultural Sustainability in Western Mongolia. University of Kassel Press, Kassel (Germany) [ISBN: 978-3-86219-565-7].
  21. Soma, Takuya. 2015. Falconer’s Equipment and Folk Ornamentations of Altaic Kazakh Eagle Masters, Western Mongolia, Falco: The Newsletter of the Middle East Falcon Research Group 45: pp. 12-15. [リンク]
  22. 相馬拓也 2015. モンゴル西部バヤン・ウルギー県におけるヤギと牧畜民の新たな関係: 「ヤギ飼い」のライフヒストリーから探るアルタイ系カザフ社会の地域開発, ヒトと動物の関係学会誌 (41): pp. 47-57. 
  23. 相馬拓也 2015. モンゴル西部アルタイ系カザフ騎馬鷹狩文化の存続をめぐる脆弱性とレジリエンス, E-Journal GEO 10 (1): pp. 99-114.
  24. 相馬拓也 2015. 鷲使いの民族誌: モンゴル西部カザフ騎馬鷹狩文化が育むイヌワシ馴化の伝統知, 文化人類学 80 (3): pp. 427-444.
  25. Soma, Takuya. 2016. Local Terminology of Golden Eagle’s Topography in Altaic Kazakh Eagle Falconry, Falco: The Newsletter of the Middle East Falcon Research Group 47: pp. 11-13.
  26. 相馬拓也 2016. カザフ騎馬鷹狩文化のイヌワシ捕獲術と産地返還にみる環境共生観の民族誌, E-Journal GEO 11(1): pp. 119-134.
  27. 相馬拓也 2016. カザフ騎馬鷹狩文化の宿す鷹匠用語と特殊語彙の民族鳥類学, 『鳥と人間をめぐる思考』, 勉誠社: pp. 345-367.
  28. 相馬拓也 2016. 北アジアの遊牧文明をささえた伝統知(TEK)の再構築と継承性の民族考古学, 『髙梨学術奨励基金年報 平成27年度研究成果概要報告』: pp. 360-367, 東京: 財団法人 髙梨学術奨励基金.
  29. 相馬拓也 2016. 人類と猛獣の意外な関係: イヌワシ、ユキヒョウ、オオカミと共生するモンゴル遊牧民の底ヂカラ, 読売新聞 Waseda Online (2016年12月26日付) [リンク]
  30. 相馬拓也 2017. 「騎馬鷹狩文化の起源を求めて: アルタイ山脈に暮らすカザフ遊牧民とイーグルハンターの民族誌(エスノグラフィ)」, ヒマラヤ学誌 (no.18): pp. 157-170.
  31. 相馬拓也 2017. モンゴル遊牧民のヒューマンエコロジー: アルタイ山脈における日帰り放牧の行動分析とアクトグラフの有効性, 早稲田大学高等研究所 WIAS紀要2017: pp. 57-70. 
  32. 相馬拓也 2017. 北アジアの遊牧文明をささえた伝統知と環境共生レジリエンスの学際研究, 『髙梨学術奨励基金年報平成28年度研究成果概要報告』: pp. 344-351, 東京: ㈶髙梨学術奨励基金.
  33. 相馬拓也 2017. ユキヒョウとモンゴル遊牧民のコンフリクト: オーラルヒストリーで読み解く目撃・遭遇事故と家畜被害, E-Journal GEO 12(2): pp. 217-232. [リンク ]
  34. Soma,Takuya., and Schlecht, Eva. 2018. The Relevance of Herders’ Local Ecological Knowledge on Coping with Livestock Losses during Harsh Winters in Western Mongolia, Pastoralism: Research, Policy and Practice 8(3). [リンク]
  35. 相馬拓也 2018. 『鷲使い(イーグルハンター)の民族誌: モンゴル西部カザフ騎馬鷹狩文化の民族鳥類学』, 京都, ナカニシヤ出版.
  36. Soma, Takuya. 2018. Ethnoarchaeology of Ancient Falconry in Nomadic and Sedentary World, Raptor and Human: Falconry and Bird Symbolism throughout the Millennia on a Global Scale, edited by Karl-Heinz Gersmann & Oliver Grimm, pp. 243-258. Germany: ZentrumfürBaltische und SkandinavischeArchäologie.
  37. 相馬拓也 2018. アルタイ山脈の古カザフ語地名と土地利用観の民族地理学, 国土地理協会学術研究助成報告集(第3章): pp. 1-18. [リンク]
  38. 相馬拓也 2018. ユキヒョウの民俗学: 西部モンゴル遊牧民に伝わるユキヒョウ殺しと狩猟儀礼の伝承誌(オーラルヒストリー), E-Journal GEO 13(2): pp. 420-438.[リンク]
  39. 相馬拓也 2018. 気象災害「ゾド」と向き合うモンゴル遊牧民の暮らしから、これからの防災・減災を学ぶ, 読売新聞 Waseda Online (2018年10月15日付) [リンク]

学会発表・講演 Presentation

  1. Takuya Soma. 2005. Socio-Cultural Continuities of the Ancient Horse-riding Nomads from the Northern Tienshan to Inner Mongolia, International Turfan Symposium 2005(国際吐魯番学会): Turfan, China (26th August 2005).
  2. Takuya Soma. 2006. Kyrgyz Falconry & Falconers and its Transition, The Great Silk Road. Culture and Traditions, Then and Now (organized by Caravan Saray Museum/ UNESCO): Tashkent, Uzbekistan (19th October 2006). (ウズベキスタン科学アカデミーによる招聘講演)
  3. Takuya Soma. 2009. Travel and Translation of Expeditions of 20th Century Silk Road: Explanations from Historical Anthropology of “Otani Expedition” into Tarim Basin, International Conference on Central Eurasian Studies: Past, Present and Future (organized by Maltepe University, Tokyo University, & Tsukuba University): Istanbul, Turkey (17th March 2009).
  4. 相馬拓也. 2012. アルタイ=カザフ牧畜社会における鷹匠と騎馬鷹狩猟の現在, 第18回 ヒトと動物の関係学会学術大会: 東京(東京大学)(2012年3月11日).
  5. Takuya Soma. 2012. Arts of the Horseriding-Falconry by Altai-Kazakh Falconers, HERITAGE 2012 (organized by The Green Line Institute): Porto, Portugal (21st June 2012).
  6. Takuya Soma. 2012. Intangible Cultural Heritage of Arts and Knowledge for Coexisting with Golden Eagles: Ethnographic Studies in “Horseback Eagle-Hunting” of Altai-Kazakh Falconers, Paris International Congress of Humanities and Social Sciences Research (HSS) (organized by Analytrics): Paris, France (24th July 2012).
  7. Takuya Soma. 2013. Human-Animal Interactions: the Case of Kazakh Eagle Hunters in the Mongolian Altay, Seminar für Nutztierwissenschaften (organized by Prof. Dr. Henner Simianer, University of Göttingen): Göttingen, Germany (25th November 2013). (ゲッティンゲン大学による招聘講演)
  8. oma, Takuya., Buerkert Andreas., and Schlecht, Eva. 2014. Current Living Status and Social Use of Livestock in Nomadic Herders’ Communities in Western Mongolia, Tropentag 2014 (17th-19th 2014, Prague, Czech University of Life Sciences); 2014: 231. [リンク]
  9. Takuya Soma. 2014. Tradition and Transition of Altaic Kazakh Eagle Falconry Culture in Western Mongolia, International Falconry Festival 2014 (7th December 2015). (アラブ首長国連邦/ International Association of Falconryによる招聘講演)
  10. 相馬拓也. 2014. イヌワシと鷲使いにみる「ヒトと動物の調和遺産」の可能性: モンゴル西部アルタイ系カザフ鷹狩文化の伝統知とその持続性の現場から, 日本地理学会 2014年度春季学術大会: 東京(国士舘大学)(2014年3月27日). [リンク]
  11. 相馬拓也. スヘー・バトトルガ. 2015. モンゴル西部バヤン・ウルギー県に息吹く アルタイ系カザフ人の社会と文化: 伝統文化とイスラームの復興が語る過去、現在、未来, 日本地理学会 2015年度春季学術大会: 東京(日本大学)(2015年3月21日).[リンク]
  12. 相馬拓也. 2015. 酷寒の山岳草原を生き抜く修辞術: 西部モンゴル遊牧民の減災と生存戦略の伝統知 (TEK), 人文地理学会2015年度学術大会: 大阪, 大阪大学(2015年11月15日).
  13. 相馬拓也. 2015. 騎馬鷹狩文化の起源を求めて: アルタイ山脈に暮らすカザフ遊牧民と鷹匠の民族誌, 雲南懇話会(第35回): 東京, JICA研究所(2015年12月19日).
  14. 相馬拓也. 2016. 遊牧民を読みとく計量民族誌の射程: モンゴル西部アルタイ高地における家畜放牧技術の行動分析, 早稲田人類学会 第17回総会: 東京, 早稲田大学(2016年1月30日)
  15. 相馬拓也. 2016. 鷲使いと環境共生観の物語: カザフ騎馬鷹狩文化のイヌワシ捕獲術と産地返還の現状評価, 日本地理学会 2016年度春季学術大会: 東京, 早稲田大学(2016年3月21日).
  16. 相馬拓也. 2016. カザフ系モンゴル遊牧民のノマディズムと騎馬鷹狩文化のエスノグラフィ, 2016年度異文化コミュニケーション学部連続講演会 第1回講演: 東京, 立教大学(2016年4月28日).
  17. 査読付, 相馬拓也. 2016. アルタイ山脈における「第六の家畜」: カザフ騎馬鷹狩文化が誇るイヌワシ馴化の知と技法, 日本文化人類学会 2016年度学術大会: 名古屋, 南山大学(2016年5月30日).
  18. 国内学会(単著), 査読付, 相馬拓也. 2017. アルタイ山脈のユキヒョウPantheraunciaをめぐる保全生態の試み: 生態観察・獣害対策・伝承知の複合型生物誌の展開から, ヒトと動物の関係学会第23回学術大会: 東京, 東京大学(2012年3月5日).
  19. 国内学会(単著), 査読付, 相馬拓也. 2017. ユキヒョウとモンゴル遊牧民: アルタイ山脈における目撃・遭遇事故と家畜被害をめぐる地域社会の葛藤, 日本地理学会 2017年度春季学術大会: つくば, 筑波大学(2017年3月28日). [リンク]
  20. 国内学会(単著), 査読付, 相馬拓也. 2017. ユキヒョウの民俗学: 希少動物との共存をめぐる西部モンゴル遊牧民の民間伝承, 日本文化人類学会2017年度学術大会: 神戸, 神戸大学(2017年5月28日). [リンク]
  21. 国内学会(単著), 査読付, 相馬拓也. 2017. アルタイ山脈のユキヒョウと遊牧民: 生態観察、獣害対策、民俗伝承の複合型生物誌の研究, 雲南懇話会(第42回): 東京,明治大学(2017年9月24日). [リンク]
  22. 国内学会(単著), 査読付, 相馬拓也. 2017. 西部モンゴル遊牧民の環境適応術: 冬季激甚災害“ゾド”の予知と対処の伝統知 (T.E.K.), 人文地理学会2017年度学術大会: 東京,明治大学(2017年11月19日).
  23. 国際学会ポスター発表(単著), 査読なし, Takuya Soma. 2017. Ethnography of Altaic Kazakh Eagle-Hunters: Art and Knowledge of Horse-Riding Falconry in Western Mongolia, International Festival of Falconry 2017 (8th December 2017). (アラブ首長国連邦/ International Association of Falconry).
  24. 国内学会(単著), 査読付, 相馬拓也. 2018.鷲使い“イーグルハンター”の民族誌: カザフ騎馬鷹狩文化をめぐる文化遺産保護とイヌワシ保全生態の現状と展望, ヒトと動物の関係学会第24回学術大会: 東京, 東京大学(2018年3月4日). 
  25. 国内学会(単著), 査読付, 相馬拓也. 2018.遊牧民の民間伝承(オーラルヒストリー)からユキヒョウと地域を守る, ユキヒョウ・シンポジウム2018(京都大学野生動物研究センター主催): 神戸, 王子動物園(2018年3月10日). 
  26. 国内学会(単著), 査読付, 相馬拓也. 2018. アルタイ山脈の在来カザフ語地名と土地利用観の民族地理学, 日本地理学会春季学術大会2018: 東京, 東京学芸大学(2018年3月23日). [リンク]
  27. 国内学会(単著), 査読付, 相馬拓也. 2018. 極限環境を生きる民族誌: 西部モンゴル遊牧民の生存戦略における減災術と植生利用, 日本文化人類学会2017年度学術大会: 弘前, 弘前大学(2017年6月2日). [リンク]
  28. 国際学会(単著), 査読付, 相馬拓也. 2018. “Narrative and Evidence” between Snow Leopard and Mongolian Nomadic Herders: Oral History and S.E.K. (Scientific Ecological Knowledge) for Complex Conservation Ecology, Conservation Asia 2018: AUCA, Bishkek(2017年8月9日).
  29. 国内講演(単著), 査読なし, Takuya SOMA. 2018. Roles of a Fieldworker in Aging Society: Studies in Ethnography about the Four Inevitables (Birth/ Aging/ Sickness/ Death) in Human Life of Western Mongolian Nomads, Aging - Life, Culture, Civilization (UBIAS Topic of the year 2018): Nagoya, Nagoya University (20th December 2018).
  30. 国内講演(単著), 査読付, 相馬拓也. 2018. カザフ・イーグルハンターと騎馬鷹狩文化にみるエコロジーとヒューマニティ, 東北アジアを中心としたアジア地域における動物資源利用問題と「人間性」―生業、娯楽、奢恀の観点から: 仙台, 東北大学(2019年12月23日)
  31. 国内学会(単著), 査読付, 相馬拓也. 2019. 地理学系フィールド・サイエンスの描き出す学融合時代の民族誌(エスノグラフィ): モンゴルとネパールのフィールドを事例に, 早稲田人類学会第20回総会: 東京, 早稲田大学(2019年1月12日)

研究費獲得状況 Research Grants

【科研費】

  1. 代表者(相馬拓也): 日本学術振興会, 研究スタート支援, 「極北系モンゴル遊牧民による極限環境下での環境適応戦略の実証的解明(課題番号:16H07274)」, 2016年8月~2018年3月[リンク
  2. 分担者(代表:福田千鶴):日本学術振興会, 基盤研究(A), 「日本列島における鷹・鷹場と環境に関する総合的研究(課題番号:16H01946)」, 2016年4月~2021年3月[リンク
  3. 代表者(相馬拓也):日本学術振興会, 基盤研究(C) 「西部モンゴル遊牧民による気候変動および極限環境への適応戦略の解明」(課題番号:17K02047)2017年8月~2020年3月
  4. 代表者(相馬拓也):科研費/研究成果公開促進費(学術図書)『鷲使い(イーグルハンター)の民族誌: モンゴル西部カザフ騎馬鷹狩文化の民族鳥類学』 2017年度

【競争的資金】

  1. ㈶髙梨学術奨励基金, 平成23年度研究助成, 「アルタイ・カザフにおける鷹狩猟の民族考古学:無形文化遺産としての狩猟方法と技術継承の基礎研究」, 2011年6月~2012年3月
  2. ㈶髙梨学術奨励基金, 平成24年度研究助成, 「アルタイ=カザフ牧畜社会における騎馬鷹狩猟の民族考古学: 無形文化遺産としての持続性に向けた複合研究」, 2012年6月~2013年3月
  3. 国連農業開発基金 (IFAD)/ カッセル大学, Watercope Scholarship 2013(研究員奨学金), “Interdisciplinary Studies on Vulnerability and Resilience of Pastoralist Society in Western Mongolia (西部モンゴル牧畜社会の脆弱性とレジリエンスの学際研究)”, 2013年2月~2013年8月
  4. 国連農業開発基金 (IFAD)/ カッセル大学, Watercope Scholarship 2014, “Interdisciplinary Studies on Vulnerability and Resilience of Pastoralist Society in Western Mongolia”, 2013年9月~2014年8月
  5. 国連農業開発基金 (IFAD)/ カッセル大学, Watercope Scholarship 2015, “Interdisciplinary Studies on Vulnerability and Resilience of Pastoralist Society in Western Mongolia”, 2014年8月~2015年3月
  6. ㈶髙梨学術奨励基金, 平成27年度研究助成, 「北アジアの遊牧文明をささえた伝統知(TEK)の再構築と継承性の民族考古学」, 2015年6月~2016年3月
  7. ㈶髙梨学術奨励基金, 平成28年度研究助成, 「北アジアの遊牧文明をささえた伝統知と環境共生レジリエンスの学際研究」, 2016年6月~2017年3月
  8. ㈶国土地理協会, 平成28年度学術研究助成, 「アルタイ山脈の古カザフ語地名と土地利用観の民族地理学」, 2016年6月~2017年3月

【学内研究助成】

  1. 早稲田大学, 平成28年度特定課題研究助成(新任教員), 「極北系モンゴル遊牧民の家畜管理技術と環境共生観のヒューマン・エコロジー研究」, 2011年6月~2012年3月
  2. 早稲田大学, 平成29年度特定課題研究助成費 特定課題A(一般助成), 「アルタイ山脈のユキヒョウをめぐる生態観察、獣害対策、民俗伝承の複合型生物誌の研究」, 2017年4月~2018年3月

著書 Book

鷲使い(イーグルハンター)の民族誌

鷲使い(イーグルハンター)の民族誌
―モンゴル西部騎馬鷹狩文化の民族鳥類学

著者 相馬 拓也 著
ジャンル 地理学・人類学
出版年月日 2018/02/28
ISBN 9784779512568
判型・ページ数 A5・244ページ
定価 本体5,500円+税
  • 序章  ヒトと猛禽の交渉譜――鷹狩研究が民族鳥類学に果たす役割
  • 第1章 イヌワシとの出会いと別れ――イヌワシの捕獲術と産地返還の掟
  • 第2章 イヌワシを馴らす――イヌワシ馴致をめぐる知と技法
  • 弟3章 イヌワシを駆る――騎馬鷹狩民族の実践と技法
  • 第4章 イヌワシを飾り、魅せる――鷹具と鷹匠装束の民族鳥類学
  • 第5章 イヌワシを受け継ぐ――騎馬鷹狩の伝統と文化変容
  • 終章  イヌワシと鷲使いの環境共生観――カザフ騎馬鷹狩文化の脆弱性とレジリエンス
  • 付録  鷲使い用語集